MENU
絶対痩せるマンX
ダイエットアドバイザー
◆JOPH(日本肥満予防健康協会)認定ダイエットアドバイザー
◆ダイエット検定1級
◆「見た目が変われば世界が変わる!」をモットーに今日も戦う!
アーカイブ
カテゴリー
自分の幸せは、自分で決める➡詳しくはこちら

心地いいジョギングがしたいなら、ルートにこだわってみよう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

せっかくですから心地いいジョギングがしたいですよね?

ルートにこだわると、心地いいジョギングをすることができます。

今回は「心地いいジョギングができるルートの特徴」を紹介したいと思います。

目次

■ルート次第でジョギングは心地よくなる

同じ距離をジョギングするとしても…

ルートが違えば心地よさも違ってきます。

例えば、全く木がないようなルートをジョギングしたら…

常に太陽を浴びながら走ることになります。

これでは、どんどん体力を消耗して、苦しい気持ちになるでしょう。

一方で、木が多いルートをジョギングしたら…

日陰が多いため心地よく走れるはずです。

このように、ルートが違えば、ジョギングの心地よさも違ってくるのです。

■心地いいジョギングができるルートの特徴

ルート次第でジョギングは心地よくなるわけです。

では、具体的にどんなルートを走れば、心地よくなるのでしょうか?

ここからは「心地いいジョギングができるルートの特徴」を紹介いたします。

<特徴1>信号が少ないルート

せっかくリズムよく走っていても、信号があったら止まらなければいけません。

これではリズムが狂って、心地よさからは遠ざかってしまいます。

やはり、心地いいジョギングがしたいのなら、信号が少ないルートを走るべきでしょう。

あなたの街にも、信号が少ない道があるのではないでしょうか?

ぜひ、信号が少ない道を走って、心地いいジョギングにつなげていきましょう。

<特徴2>木が多いルート

木がある道は、日陰が多くなります。

また、木がある道は、風が気持ちいいですよね。

まさに、木が多いルートも、心地いいジョギングにつながるのです。

例えば、街路樹が多い道を走れば、心地よくジョギングできるわけですね。

また、後述いたしますが、公園には多くの木が植えられています。

そのため、心地よくジョギングをしたいのなら…

「広い公園を走る」というのも1つの手になるでしょう。

<特徴3>飽きがこないルート

同じ道ばかりジョギングしていると、いつか飽きてしまいます。

飽きたらジョギングはつまらなくなるため、挫折するかもしれません。

やはり、ジョギングをするなら、飽きがこない道を選択するべきでしょう。

それこそ、公園なら季節によって木や花の雰囲気が変わるため…

ジョギングをしても飽きにくいはずです。

ジョギングは続けなければ、意味がありませんからね。

まさに、心地いいジョギングにするためにも、飽きがこないよう工夫するべきなのです。

■「心地いいジョギング」のために私が実践したこと

私自身、心地いいジョギングを意識して、5年以上走ってきた経験があります。

ここからは、そんな私が「心地いいジョギング」のために実践したことを紹介いたします。

◇広い公園を走る

心地いいジョギングができるルートの特徴として…

「なるべく信号が少ないルート」「木が多いルート」を提案させていただきました。

公園には信号がありません。

そして、公園には木が多いですよね。

まさに、公園を走るということは、心地いいジョギングにつながるわけです。

また、公園の木や花は季節によって雰囲気が変わってきます。

そのため、「飽きがこないルート」という点でも、公園は優れていることでしょう。

広い公園であれば、歩道が整備されていますからね。

ぜひ、自宅近くに広い公園があるのなら、そこをジョギングしてみましょう。

◇街中を走る

田んぼの脇道などって、太陽を遮るものがありませんよね。

田んぼの脇道などを走ると、常に太陽に当たることになります。

そのため、ジョギングは辛くなりがちでしょう。

一方で、街中なら建物がたくさんあります。

まさに、家やマンションが日陰を作ってくれるので、心地いいジョギングにつながるのです。

ただ、街中は信号が多いのがネックなんですよね。

そのため、街中をジョギングする場合は…

「できるだけ信号が少ないルート」を選択するようにしてください。

◇定期的にジョギングルートを変える

ジョギングルートがいつも同じだと、いずれ飽きてしまいます。

やはり、飽きないためにも、定期的にジョギングルートを変えるべきでしょう。

定期的にルートを変えれば、新鮮な気持ちで走れますからね。

そのため、心地いいジョギングにつながるはずです。

ちなみに私は、5つほどのジョギングルートを作っていました。

そして、その日の気分に合わせて、走るルートを決めていました。

このように、何個かのジョギングルートを決めて、日によって走り分けるのもいいでしょう。

ちなみに、「キョリ測」というサイトを使うと、楽しくルートを決めることができますよ。

距離や高低差を考えながらルートを考えることができるので…

ぜひとも活用してみてください。

■まとめ:ジョギングは継続が大事

今回は「心地いいジョギングができるルートの特徴」を紹介させていただきました。

ジョギングは続けることが大切です。

だからこそ、「心地いいジョギング」になることを心がけて…

楽しみながら走っていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる