MENU
絶対痩せるマンX
ダイエットアドバイザー
◆JOPH(日本肥満予防健康協会)認定ダイエットアドバイザー
◆ダイエット検定1級
◆「見た目が変われば世界が変わる!」をモットーに今日も戦う!
アーカイブ
カテゴリー
自分の幸せは、自分で決める➡詳しくはこちら

運動が辛くてやめたいときに試すべき7つのこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ダイエットのために運動を頑張ろうとしても、挫折しそうになるかもしれません。

もし運動が辛く感じたら、今回提案する7つのことを試してみてください。

少し角度を変えて工夫してみると、運動をこなしていけるかもしれません。

一人じゃないから続けられる!オンラインパーソナルジム「CLOUD GYM」
目次

<1>一週間だけ運動をやめてみる

「これからも運動を続けないといけない」と思うからこそ、挫折しそうになるわけです。

一方で、あえて運動をやめてみると、「恋しい」という気持ちになるものです。

学生時代の部活を思い出してみてください。

1年生のときには「これからも部活が続く」なんて思って、辛い気持ちになったはずです。

しかし、3年生になって部活を引退すると、「部活が恋しい」なんて思えましたよね?

運動においても、同じだと考えます。

ぜひ、あえて1週間だけ運動をやめてみてください。

運動から距離を置くと、「恋しい」という気持ちになれるかもしれません。

「恋しい」という気持ちになれたら、再び楽しく運動することができるでしょう。

<2>運動の種類を変える

同じ運動をすると飽きてしまいがちです。そして、飽きてしまうと、運動をやめたくなるものです。

そのため、運動が辛くてやめたいのなら…

「運動の種類を変える」というのも1つの手です。

例えば、今までは定期的にヨガをしていたとします。この場合は、ヨガをやめて、エアロビをしてみてはどうでしょう?

ヨガはゆっくりと体を動かす運動になります。一方で、エアロビは激しく体を動かす運動になります。

つまり、ヨガとエアロビでは、運動のタイプが全く異なるわけですね。

このように、「全くタイプが異なる運動」に変えると…

運動が楽しくなって続けることができるかもしれません。

<3>運動する時間帯を変える

無理のある時間帯に運動をすると、辛さを感じてしまいがちです。

例えば、「朝の運動は体にいい」と思って、実際に朝に運動をするとします。

しかし、出社前はとても忙しいため、なかなか時間に余裕がないわけです。

時間に余裕がない中で運動をすると、辛くなってしまうでしょう。

例えば、朝の運動が辛いのなら、夜に運動をしてみてはどうでしょうか?

夜なら時間に余裕があるため、ゆっくりと運動できるはずです。

ひいては、運動が楽しくなって、辛くなくなるかもしれません。

ぜひ、運動が辛くてやめたいのなら、「時間帯を変えること」も検討してみましょう。

<4>帰宅ついでに運動してしまう

また、帰宅ついでに運動をするというのも、1つの手になるはずです。

  • 会社が終わったらジムに行く
  • 1駅分を歩いてウォーキングにあてる

といった具合に、帰宅ついでに運動をしてしまうのです。

帰宅ついでに流れで運動をしてしまえば、面倒を感じにくくなります。

そのため、運動の辛さは軽減されるかもしれません。

<5>モチベーションを高める

モチベーションは楽しさにつながります。

つまり、運動のモチベーションがあれば、楽しく続けることができるのです。

ぜひ、運動に関する目標を立てて、それをモチベーションにしてください。

例えば、ヨガを習慣にしているのなら…

「少しずつ難易度を上げること」などがモチベーションになるはずです。

また、「体の柔軟性」を意識しながらヨガをすれば…

「体が柔らくなってきていること」が実感できて、それがモチベーションになるでしょう。

このように、運動に関するモチベーションがあれば、楽しく続けていけるものですよ。

<6>体重を記録する

ダイエットのために運動をしているのなら、体重を記録してゆきましょう。

体重を記録すれば、「体重の見える化」を実現することができます。

ひいては、「体重が増えていること」「体重が減っていること」がすぐにわかるわけです。

「体重が減っていること」がわかれば、「今の運動を続けよう」という気持ちになれます。

一方で、「体重が増えていること」がわかれば、「もっと頑張ろう」という気持ちになれます。

このような気持ちはモチベーションにつながるため、運動は続きやすくなります。

<7>運動するのをやめて、食事管理に重きを置く

「運動しなければいけない」という思い込みは捨てましょう。

実際に運動をしなくても、体重を落としていくことができるかもしれません。

例えば、普段は電車通勤をしていて、比較的よく歩くとします。

この場合、「予想以上にカロリー消費している」と考えることができるかもしれないのです。

仮に、予想以上にカロリー消費をしているとします。

この場合は、それ以上に運動をしなくても、体重は落ちていくかもしれないのです。

つまり、あとは食事管理だけを頑張れば、理想体型に近づいていけるわけですね。

■まとめ

「運動が辛くてやめたいときに試すべきこと」を7つ紹介いたしました。

たとえ運動をするのが嫌になっても、工夫次第で続けることはできるわけです。

ぜひ、工夫をしながらダイエットをして、理想体型を目指していきましょう。

サイクルツイスタースリムプラチナム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる