ズバリ!太らないお酒ってある?

diet
この記事は約3分で読めます。

どーも、絶対痩せるマンXです!ダイエットするのはいいけど、アルコールを飲めなくなるのちょっと・・・ということで、なるべくダイエットの妨げにならないお酒はどれか調べてみましたが、太らないお酒というのはなく、太りにくいお酒はある。といったとこでしょうか・・・。

肥前屋オンラインショップ

太りにくいお酒とは?

ズバリ!焼酎です!

他にはウイスキーやブランデー、ウォッカ、テキーラ、ジン、ラムなどがあります。


というのもお酒は、大きく「蒸留酒」と「醸造酒」、「混成酒」の3つに分けることができますが、その中でも太りにくいのが上記にあげた蒸留酒とされています。詳しいことは省きますが、製造過程で糖質がぶっとぶんですねー。糖質があるかどうか?お酒はカロリーより糖質が問題です。

「あれ?いつも飲んでるものがないぞ!?」

ということで、ビールや日本酒、カクテルなどは糖質が多く太る可能性大!もちろん、焼酎だってジュースで割るなんてもっての他で、水やウーロン茶、ソーダ等で割って飲むのが良さそう。どうしても、ビールが飲みたい人は糖質ゼロのを飲むといいかも。カクテル好きはビールをトマトジュースで割るレッドアイなんて体に良さそうです。

1日のアルコールの適量

焼酎だって飲み過ぎると太ります。

1日お酒の適量は、純アルコールで20g程度が目安となります。
<具体的な目安>

  • ビールなら中瓶1本(500ml)
  • 清酒なら1合(180ml)
  • ウイスキー・ブランデーならダブルで一杯(60ml)
  • 焼酎なら0.5合(90ml)
  • ワインなら2杯(180ml)

もちろんおつまみにも注意

何も食べないでお酒が飲める人はまだいいのですが、何かを食べながらでないと飲めない人は、おつまみにも注意した方がいいです。いくらお酒を控えても食べ物で太っていては意味がありません。おすすめは塩分控えめなもの。味付けが濃いとアルコールの取りすぎにもつながってしまいます。

例えば、素焼きのナッツ類などは塩分が入っていないので、どんなお酒にもぴったりのおつまみです。 そして、低カロリーな豆腐アルコールの分解を助け、肝臓への負担を軽くしてくれる枝豆など、古くからビールのおつまみの王道なのですが、実は理にかなっているのです。

まとめ

結論から言うと、ダイエット中は飲まない方がベストです。が、ストレスがたまってダイエットどころではないですよね?そこで、飲むなら蒸留酒を適量に、おつまみがないと食べれない人は塩分控えめな低カロリーなもを。素焼きのナッツ類、豆腐、枝豆など。

そして、太りにくいお酒のおすすめは独断と偏見で焼酎ということにしましたが、他にもウイスキーを無糖のソーダ水で割ったハイボール無糖のレモンサワー糖質ゼロの缶ビール辛口の赤ワインなど、結構いろいろあるので自分の好みにあったものを探してみるのもいいかもしれません。

肥前屋オンラインショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました