MENU
絶対痩せるマンX
ダイエットアドバイザー
◆JOPH(日本肥満予防健康協会)認定ダイエットアドバイザー
◆ダイエット検定1級
◆「見た目が変われば世界が変わる!」をモットーに今日も戦う!
アーカイブ
カテゴリー
※「今日より明日、痩せるためのダイエット術」は「今日から痩せるダイエット術」にサイト名が変更になりました。

お腹の脂肪を落とすトレーニングで美しいくびれを作る方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!

突然ですが、あなたは、お腹の脂肪が気になっていませんか?

くびれがある女性は美しいですよね。

しかし、美しさとは健康なくしてはあり得ません!

お腹の脂肪は、見た目だけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

お腹の脂肪を落とすことで、美しいくびれを作るだけでなく、内臓脂肪やメタボリックシンドロームのリスクを減らすこともできちゃいます。

では、お腹の脂肪を落とすためには、どんなトレーニングをすればいいのでしょうか?

この記事では、お腹の脂肪を落とすトレーニングの効果的な方法をご紹介します。

このトレーニングを実践すれば、あなたも理想のくびれを手に入れることができるでしょう。

ぜひ最後までお読みくださいね。

※本ページはプロモーションが含まれています。

目次

お腹の脂肪とは?なぜ落とすべきなのか?

お腹の脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

・皮下脂肪

皮膚の下にある脂肪で、見た目に影響します。

・内臓脂肪

内臓の周りにある脂肪で、健康に影響します。

お腹の脂肪は、悲しきかな…男性よりも女性の方が多くなりやすい傾向があります。

これは、女性ホルモンのエストロゲンが、脂肪の分解を抑える働きをするためです。

お腹の脂肪を落とすべき理由として、まずは健康のためというのが一番わかりやすいかと思います。

内臓脂肪は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因になります。

お腹の脂肪を落とすことで、内臓脂肪を減らし、生活習慣病の予防につながります。

お次はもちろん美容のためです。

お腹の脂肪が多いと、服の着こなしが難しくなったり、自分に自信がなくなったりしちゃいますよね…。

お腹周りがすっきりしてスタイルが良くなると、自分にも自信が持てるようになります。

内臓脂肪ってよくきくけれど、実際に見えるものではないのでついつい忘れてしまいがち。

見た目が細くても、実は内臓脂肪はあるなんていう人もいるそうなので、気を付けたいポイントなのは間違いないですね!

お腹の脂肪を落とすことは、美容と健康の両方にメリットがあることはお分かりいただけましたよね。

次の見出しでは、お腹の脂肪を落とすトレーニングの種類と効果についてご紹介します。

お楽しみに!

お腹の脂肪を落とすトレーニングの種類と効果

お腹の脂肪を落とすトレーニングには、大きく分けて、有酸素運動と筋トレの2種類があります。

有酸素運動とは、心拍数を上げて長時間続ける運動のことで、例えば、ジョギングやサイクリング、スイミングなどがあります。

全身の脂肪を燃焼させる効果があり、皮下脂肪や内臓脂肪も減らすことができます。

また、有酸素運動は、心肺機能を向上させる効果もあります。

心肺機能が高まると、血液の循環が良くなり、酸素や栄養素の供給がスムーズになります。

これにより、新陳代謝が上がり、結果的に脂肪の燃焼効率が高まります。

さらに、有酸素運動にはストレスを解消する効果もあります。

ストレスが溜まるとコルチゾールというホルモンが分泌されますが、これが脂肪の蓄積を促進する働きをするため、お腹の脂肪が増えやすくなってしまいます。

ストレス太りとは聞いたことがありますが、この仕組み衝撃ですよね!

有酸素運動をすることで、ストレスを発散し、コルチゾールの分泌を抑えることができます。

一方筋トレとは、筋肉に負荷をかけて強化する運動のことで、例えば、腹筋やプランク、スクワットなどがあります。

筋肉量を増やす効果があり、筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは安静時に消費するエネルギーのことで、筋肉は脂肪よりも多くのエネルギーを消費します。

つまり、筋肉量が多いほど安静時にも脂肪が燃焼されやすくなれるという、夢のような体の仕組みになるのです。

また、筋トレは、筋肉の形を整える効果もあります。

お腹の筋肉を鍛えることで、くびれや割れた腹筋を作ることができ、筋肉の形が整うと、見た目にもスッキリとした印象になります。

お腹の脂肪を落とすには、有酸素運動と筋トレの両方をバランスよく行うことがおすすめです。

お腹の脂肪を落とすトレーニングの実践例と注意点

お腹の脂肪を落とすトレーニングの実践例と注意点について、具体的にご紹介します。

【有酸素運動】

ジョギング

自分のペースで無理なく走ることが大切で、時間は最低でも20分以上を目安にしましょう。

サイクリング

自転車のサイズや姿勢に気をつけることが大切です。最低でも30分以上を目安にしましょう。

スイミング

スイミングをするときは、泳ぎ方や呼吸法に気をつけましょう。スイミングの時間は、最低でも15分以上を目安にしてください。

それぞれの有酸素運動の前後には、ストレッチやウォーミングアップ、クーリングダウンを忘れずに行いましょう。

【筋トレ】

腹筋

腹筋をするときは、背中や首に負担をかけないように注意しましょう。

回数も自分の体力に合わせて調整してください。

プランク

プランクをするときは、体を一直線に保つことが大切です。

スクワット

スクワットは、お腹の筋肉だけでなく、下半身の筋肉も鍛えるのにも効果的な筋トレです。

スクワットをするときは、膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。

自分の体力に合わせて回数を調整しましょう。

以上が、お腹の脂肪を落とすトレーニングの実践例です。

※これらのトレーニングを行うときには、次のことに注意してください。

  1. 過度な負荷をかけない

トレーニングを行うときには、自分の体力や体調に合わせて負荷を調整することが大切です。

過度な負荷をかけると、筋肉や関節に痛みや怪我を引き起こす可能性があります。

また、トレーニングの効果を出すためには、休息も必要です。トレーニングの間隔や回数を適切に設定しましょう。

  1. 水分補給を忘れない

トレーニング中には、汗をかくことで水分やミネラルが失われます。

そうすると、脱水症状や筋肉痙攣などのトラブルを引き起こす可能性も!

トレーニングの前後や途中には、水やスポーツドリンクなどでしっかりと水分補給をしましょう。

  1. 食事に気をつける

トレーニングの効果を高めるためには、バランスの良い食事を摂ることが必要です。特に、タンパク質は筋肉の材料となる栄養素です。

また、トレーニングの前後には、消化の良いものを食べることがおすすめです。

胃に負担をかけることを避けましょう。

おわりに

お腹の脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類ある

お腹周りには有酸素運動と筋トレにバランスよく取り組むことが効果的

お腹の脂肪を落とすトレーニングは、美容と健康の両方にメリットがあります。

きれいなスタイルと同時に健康まで手に入れられるなんてお得ですね!

ただし、その美と健康を両方手に入れるためには、闇雲に体をうごかしたり、体をいじめてしまっては結果が出ずにただ辛いだけになってしまいます…。

それに、あまりにキツイと続きません。

トレーニングを行うときには、自分の体に合わせて負荷や時間を調整し、水分補給や食事にも気をつけることがとても大切です。

トレーニングを無理なく続けることで、お腹の脂肪を落とし、理想のくびれを手に入れることができるはず!

ぜひ、私と一緒に理想のくびれをゲットして、自分を好きになりましょう。

この記事が、あなたのトレーニングの参考になればうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる