まずは30分ウォーキングでダイエット

diet

ウォーキングダイエットとは

ウォーキングとはその名の通り、歩くことです。ジョギングやランニングと違い、自分のペースであるくだけなので、誰でもいつでもできる運動として幅広い年代から人気があります。ウォーキングは酸素を使って脂肪を燃焼させ、エネルギーに変える有酸素運動の一つであるため、ダイエットへの効果が期待できます。

ただし、ウォーキングで消費できるカロリーは少ないため、ただ漫然と歩いててもあまり効果はないのでウォーキングでダイエットしようとする時はこれから学ぶことを意識して歩いてみましょう。ウォーキングダイエットは、早い人で2週間後から体の変化を感じられるようです。

返金保証実施中!
有名アスリート300人以上愛用の高機能インソール【TENTIAL】

ウェーキングダイエットの距離、時間、頻度、速度の目安は

まず誰にでも簡単に始めることができるウォーキングですが、健康のためダイエットのためと人それぞれですが、そもそも何キロ位歩くのがいいの?と疑問に思った人もいるかと思います。

毎日続けれて、しかも効果がある適切な距離はいくらなのか?そもそもただ歩くだけでダイエットできるのか?今回は特にダイエットも視野に入れた痩せる歩き方について毎日どのくらいウォーキングすればいいのかを調べてみました。

しあわせは 歩いてこないだから歩いて ゆくんだね一

歩く時間の目安は20分以上1時間以内

歩く時間の目安はズバリ20分以上1時間以内。その理由は20分動くことで体の脂肪が燃焼しやすくなるからです。また60分以上歩くと脂肪ではなくてカロリー消費を始めてしまうので、逆に基礎代謝が落ちて痩せにくくなってしまうので、長くても短くてもダメだということです。

そして、ウォーキングのときの速さですが、心拍数にして目安は120程度で納めます。距離は実は個人差があり、その時の体重も大きく関係してくるため、一概に何キロとは言えないので20分以上で心拍数120程度で歩ける距離ということになります。※ウォーキングに適切な心拍数はだいたい100~120といわれています。

ただマシンで歩くのと屋外でのウォーキングは厳密にいうと同じではありません。屋外の方が路面状態や状況によって負荷がかかっているので、より痩せやる効果があります。逆にジムを利用するときはいつもより多めに歩くのがよいでしょう。

頻度は週3~4回目安で

有酸素運動はコツコツ続けて効果が出るため本気でダイエットを考えるなら毎日歩くのがおすすめですが、ウォーキング頻度「週3~4回」が初心者でも続けやすい頻度かと思われます。週3回の場合、歩いた翌日は必ず休息日を設定できるので無理をする必要がないからです。

ここまでをまとめるとウォーキングで効果的に成果を出すためには、まずは「1日30分・時速5キロのウォーキングを週3回、距離は気にせず」の設定で取り組んでみます。この設定なら長続きしやすく結果も出しやすいからです。慣れてきたらまずは頻度を増やしてみるのがおすすめです。

毎日のウォーキングで体に起こる10の変化

まとめ

ウォーキング自体の負荷はそれほど高くありませんが、絶えず筋肉が動いているためウォーキング後は軽くストレッチを行いましょう。また、体のバイオリズム的に、できれば朝にウォーキングをするとより効果的です。

ウォーキングでは、胸を開いて背筋を伸ばし、大きく腕をふって歩きましょう。歩幅は小刻みに歩くよりは大股で歩くほうが1歩ごとのエネルギー消費量が高まります。慣れてきたら姿勢にも注意して歩いてみましょう。

<関連記事>下半身ダイエットとウォーキング

<関連記事>ダイエットと有酸素運動の関係

<関連記事>ウォーキングはダイエットにおすすめの有酸素運動

返金保証実施中!
有名アスリート300人以上愛用の高機能インソール【TENTIAL】

コメント

タイトルとURLをコピーしました