禁酒ダイエットの効果と期間

diet

これは、酒好きにとって禁断の方法になるのですが、ここは生活習慣の見直しも兼ねて禁酒してみてはどうですか?というお話になります。ああ、それは無理だよっていう人もいるかと思いますが、最後までお付き合いいただけたらと思います。

結論から言えば、禁酒をすれば痩せます(キリッ失う代償も大きいですが、得られる代償も大きいといったところでしょうか。それでは、なぜ痩せるのか?検証して行きたいと思います。

禁酒で得られる効果いろいろ

カロリーカット

アルコールにもカロリーはあります。よって禁酒することによってまずはそのアルコール自体のカロリーをカットします。

そして、お酒を飲むのはたいていカロリーの吸収が高い夜であり、お酒を飲むとによって食欲がすすみ、アルコールを促進するような塩味の効いたおつまみや味付けの濃い揚げ物などを食べる傾向になります。

よって禁酒することでお酒自体のカロリーと高カロリーな食事の食べすぎを防ぐことができます。

腸内環境の改善

さらに、アルコールを摂り過ぎると大腸菌などの有害菌(悪玉菌)が増え、腸内で作られる毒素が増える要因になるという報告があります。それらの毒素によって腸管のバリア機能が破壊されると、毒素が全身へ移行し肝臓や他の臓器で炎症を引き起こすなどの悪影響につながるおそれがあるようです。

過度な飲酒は腸内環境にとって良くないと言えそうです。アルコールを飲むのをやめることで、善玉菌の数が元に戻り、腸内環境が改善されれば、体内の老廃物や余分な脂肪を排出しやすくなります。

乳酸菌生産物質サプリ[デイリーバランス]

脂肪の増加をストップ

血液中にアルコールが多い状態は体にとって危険だと脳が判断し、肝臓ではアルコールの分解が優先され、中性脂肪が血液中に多く放出されます。その結果として、脂肪細胞の中に蓄積される脂肪が増えていきます。

つまりアルコールを摂取しなくなることによって、アルコール代謝をすることがなくなり、食事が通常通りエネルギーとして燃焼されせる脂肪が増えにくくなります。

むくみに一定の効果

私たちの体の細胞には、その内側と外側の水分濃度を同じにしようとする働き(浸透圧)がありますが、アルコールの摂取等で浸透圧のバランスが崩れると血管内の水分が外に出て戻れなくなり、細胞と細胞の間にとどまることがおきます。これがむくみです。

またアルコールと一緒に出されるおつまみは、塩分を通常の食事よりも多く含んでおり、これもむくみの原因となるわけです。禁酒をすると、余分な水分を摂取しなくなり、また塩分も摂取しないので、むくみ改善に一定の効果があると言えそうです。

睡眠の質の向上

寝る前にアルコール飲料を飲むと「よく眠れる」という人は多いと思います。確かにアルコールを飲むと眠くなりますが、飲酒して寝入っても、時間がたつと眠りが浅くなって、早朝覚醒が起こりやすくなる」と、研究者は指摘しています。

つまり、アルコールは眠りに落ちために要する時間を縮めるこそすれ、浅いノンレム睡眠状態が長く続いてしまい、睡眠全体の質を改善する役にはたたないということです。よって禁酒することは睡眠の質の向上につながります。

癌リスクの軽減

アルコール飲料が、癌の原因になる重要な要因であることは知っていましたか?禁酒をすることは癌の予防になるというのです。全世界の癌死亡者の 5.8%がアルコールに起因すると推定されており、アルコールは,口腔咽頭や喉頭癌,食道癌,肝細胞癌,乳癌,大腸癌と因果関係があると言います。

癌になる最大のリスクは大量に長期間の飲酒は言うまでもないですが、適度な飲酒でも癌のリスクが上昇する可能性があるとアメリカ臨床癌学会で発表されています。

続ける期間は3か月ぐらいがおすすめ

一般的に、禁酒ダイエットで効果が得られるまでには、1ヵ月以上かかります。ただ目に見える効果が欲しいなら3か月位は必要でしょう。3か月位禁酒すると体重が落ちるだけでなく、肝臓の働きもよくなって疲労回復の速度が速くなったり、睡眠の質もあがります。

また、前述した腸内環境の改善やむくみの解消にも効果を期待できます。とは言え3日間だけでもお酒を控えるだけで、その間は良質な睡眠を取れ、体調も整ってきます。

それでも、今までライフスタイルの一部となってしまった飲酒を突然やめるのは無理があるかと思います。というのも禁酒ダイエットを成功させるためには、生活習慣そのものを改善する必要があるからです。

成功の秘訣はストレスをためないこと!

まずは少しずつ減らすことから

いままでお酒を飲んできた人が突然やめるのは無理があると思います。また、一時的に我慢できても反動で大酒を飲んでしまっては元も子もありません。

そこで、最初からスパッと飲むのを辞めるのではなく飲む量を減らしたり、飲む日を減らすいわゆる休肝日を作って体を慣らしていくのがポイントです。

また飲みたいという欲求にはノンアルコールビールや檸檬汁を入れた炭酸水を、適度な運動やガムをかむなどしてうまくストレスを発散していきましょう。禁酒ではなく減酒です。

もしどうしても飲まなければいけない事態になった場合は、お酒の量を減らすのはもちろんですが、糖質があまり含まれていない焼酎や、ウーロンハイやレモンハイ、ウィスキーやソーダ割り、ジンやウォッカを選びましょう。アルコール度数も高めなので少量で適度に酔えます。

兄貴から一言

3カ月禁酒したら人生変わった!

まとめ

簡単なようで実は、一番厳しいダイエットなのかもしれません。生活習慣、悪く言えば依存症もあるアルコールを断つのは一筋縄ではいきません。ただ禁酒は確かなダイエット効果があるので挑戦してみる価値はあります。

どうしても飲んでしまう人は量を減らしたり、ノンアルコールを取り入れるなどして自分あったペースで量を減らしてストレスとうまく付き合っていくことが大切です。すぐに効果を実感できなくてもとりあえず3か月がんばってみましょう。

最後になりますが、アルコールやおつまに使っていた支出のダイエットにもなります。そのお金で家族サービスでもしたら喜ばれますね。

ここまで読んでそれでも禁酒はしたくない!と思った方はこちらの記事もご参照ください。カロリーの少ないお酒やダイエット中の飲み方を紹介しています。

<関連記事>ズバリ!太らないお酒ってある?

コメント

タイトルとURLをコピーしました