MENU
絶対痩せるマンX
ダイエットアドバイザー
◆JOPH(日本肥満予防健康協会)認定ダイエットアドバイザー
◆ダイエット検定1級
◆「見た目が変われば世界が変わる!」をモットーに今日も戦う!
ブログランキング

ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!ワンクリックの消費カロリーは約1.4カロリー!↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
アーカイブ
カテゴリー
ココロとカラダの処方箋+詳しくはこちら

ダイエットと違う!?スリムでかっこいい【美ボディメイク】メソッド

ボディメイク
URLをコピーする
URLをコピーしました!

スリムでかっこいい体型を作りませんか?

減量だけが、美ボディメイクではありません。

ダイエットのように食事量を急に減らして長続きせず失敗し、リバウンドに苦しむことはなし!

しかも、時間をかけないでもできる美ボディメイク方法をご紹介します。

目次

美ボディメイクを成功させる3つのポイント

コロナ禍であっても、きちんとジムでトレーニングをして美ボディメイクに取り組んでいる方が増えています

単に体重を落として喜ぶのではなく、スリムに引き締まった健康的なボディを目標にしてジムやスポーツクラブに通う方は多く、太りにくい体作りに励んでいます。

美ボディメイクはリバウンドしにくいだけでなく、健康体を作ることで痩せやすい体質にします。

そこで、自宅にいる時でも意識して美ボディメイクに取り組みましょう。

体組成(体重・筋肉量・基礎代謝量等)の現状を常に知っておく

ダイエットを成功させるポイントは挫折する大ほどの目標をたてず、着実にできることを継続することです。

自分の体重が増えた、減ったで一喜一憂せず、客観的に体組成を分析しましょう。

筋肉量や脂肪の量、そして基礎代謝がどれだけあるのかを具体的に知っておけば、どうボディメイクしていくべきなのかが分かりやすいです。

筋肉がつけば、基礎代謝も向上しますから、脂肪が燃えやすくなり、太りにくい体づくりにもつながりますよ。

運動機器は小さなもの

大きな運動器具をセッティングするとなると、それだけでも精神的に重圧があって挫折してしまいがちです。

家の中で行う運動は、ルームランナーが最大サイズと考えておいてください。

ベンチプレスなどの本格的なトレーニングはトレーニングジムで行うのがオススメです。

食事は基礎代謝量分をきちんと食べる

1日の必要エネルギー量は基礎代謝量を元に簡単にわかります。

人は何もしないでいても、生命維持のために内臓を動かしたり呼吸をしたりすることに必要最小限のカロリーを消費していています。
この基礎代謝量は体組成計があれば自分の身長や体重、年齢や性別をセットして自動的に算出できます。

健康維持には最低限、この基礎代謝量分のカロリーは摂取しないといけませんし、基礎代謝量分は食べてもOKなのです。

運動すればその分だけカロリーが減りますから、基礎代謝量分はきちんと食べることが大事なのです。

誰でもででる!筋肉量アップ運動&ストレッチ

運動不足の方や苦手の方ががいきなりハードな運動をすると、怪我をしたりやる気を無くしたりする原因となってしまいます。

運動が苦手な方や挫折しやすい方には、自分の生活リズムに合わせて続けられるちょっとした運動がピッタリ。

筋肉量をアップさせれば基礎代謝量が増えますので、無理のない美ボディメイクを可能にする運動を紹介します。

美脚のための椅子スクワット

下半身の筋肉のトレーニングといえば、代表格はスクワットです。

スクワットは下半身だけでなく、全身の筋肉に刺激を与えることができるので、基礎代謝を効率よく高めながら脂肪燃焼をすることができますので大変おすすめです。

スクワットは正しい形で行うのが意外と難しく、しかも膝を痛めることもあります。

そこでおすすめなのが椅子スクワット

一見すると簡単そうに見えますが、続けるとかなりハードに感じます。

しかも、椅子を使いますので膝にも負担がかかりにくくて、姿勢も正しく行えるのがメリットです。

ヒップアップエクササイズ

お尻はデスクワークが多い方は凝り固まったり可動域が狭くなったりと、体型が崩れやすい部位です。

意識して常に筋肉量を落とさずに柔軟にしておきましょう。

ごろ寝をしている時に思い出したように行っても結構です。

ふくらはぎのストレッチ

よく足がむくむ方に効果的です。

ふくらはぎは老廃物が溜まりやすく、血流が悪くなると基礎代謝量がなかなか上がらない原因となります。

壁さえあればどこでも気軽にできるのがメリットですから実践してみてください。

例えば朝・昼・晩それぞれ10分ずつ、又は午前と午後で15分ずつなど、積み重ねていけば想像以上に運動ができます。

まとめ

ただ単に重を減らすだけでよいダイエットなら、とにかく食べない食事制限を行えば、短期間で体重は落ちますが、長続きせずにリバウンドし、前よりも太るという事態になりかねません。

美ボディメイクは筋肉をつけ、体質そのものを変えるため3ヶ月程度は続けるつもりで取り組んでください

効果が見えるまでは挫折しやすいですので、無理のないペースと運動内容で継続するよう心がけましょう。

ボディメイク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる